Worry women and the men

ピルによる副作用

a girl being worrry

避妊をほぼ確実に成功させる為にとても便利なピルですが、そんなピルでも当然副作用というものは発症する可能性があります。医薬品である以上は副作用との縁を切っても切れないという形になりますので、飲む前にまずはどのような副作用が存在しているのかという話をしていきたいと思います。まずたくさんの人によく使われる低用量ピルについてですが、基本的には最近の物に関してはかなり副作用が浅くなってきているという報告もあります。例えば現在わかっている副作用の種類として、吐き気や倦怠感、あと精神的に不安定になってしまったりなど存在しており、もちろんこれはそれぞれ個人差があるので、どうしても心配な場合は医師の方と相談しながら飲んでみることをおすすめします。また、もし仮に副作用が何らか発症してしまっても、大体3ヶ月以内には完全に無くなると言われているので、基本的には心配いりません。ただし、もし3ヶ月以上続くことがあれば、その時はまた病院で診察してもらうべきですね。ついでにピル服用による死亡率に関する話ですが、これに関してはほとんどないと言えます。ただ気をつけておいてほしいのは、喫煙者の方がピルを服用してしまうと、心筋梗塞などの病気が出てきてしまう恐れがあると言われているので、今まさに喫煙者だという方は、必ず医師との相談を推奨しておきます。普通に健康的な人がピルを飲む分においては特に副作用も起こらないとされているので、健康面に自信ある人はピルを安心して飲むことができると言えるでしょう。