Worry women and the men

何故ピルで避妊可能か

a pretty girl

今や人気の高い避妊薬として名を知らしめているピルですが、そもそも何故ピルを飲むことで避妊をすることが出来るのか?どんな仕組みになっているのかという部分を知りたいとは思いませんか?見た目は普通の錠剤なわけですから、当然何故そうなるのかとても気になってくるところですよね。実はピルというのは卵胞ホルモンと黄体ホルモンという成分で出来ております。この二種類のホルモンは本来女性の体内で分泌されるものなんですが、この二種類のホルモンで出来ているピルを飲むことでホルモン濃度が高まるようになります。ホルモン濃度が高くなるということは、実際には妊娠していないけれども女性が妊娠している状態とまったく同じホルモン状態になるので、妊娠を促さなくなるという結果に至ります。もっと厳密に言えば、妊娠していると脳が錯覚する状態になるということです。脳の中心部分にある下垂体というところから本来卵胞ホルモンと黄体ホルモンが分泌されるんですが、それをピルが停止してくれることにより排卵が起こらなくなります。ちなみにピルによるホルモンの作用によって、子宮の入り口に精子を通さないようにフタが出来て、子宮内膜に受精卵が着床することが起こりにくくなったりして、さらに避妊効果が高まるように出来ているんです。だからピルという避妊薬は非常に高性能な薬になるので、妊娠するわけには絶対にいかないという時には必ず飲むようにしてください。ピルを実際に手に入れる時はドラッグストアには売っていないので、まずは医療機関に訪れる必要があります。